カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

夏でも体を冷やすのは良くない?暑くない時間に運動して体温を下げる暑さ対策

 

 

 

おはようございます。

 

毎日暑いですね…。

 

夏バテしてる人も多いのでは?

僕は今年の夏はシフトが例年と比べて楽。

暑くないわけではないです。

でも熱中症など体調が悪くなる事もなく、

暑さに適応して暮らせている気がします。

 

というわけで今日は、

僕なりの暑さ対策について、

書いてみようと思います。

 

 

暑さ対策ではありますが、

「体を冷やすのは良くない」という事を

強調してるつもりです。

さらに塩分水分を摂って運動するなど、

熱中症対策も書いてます。

冷房は必須?

 

 

 

 

夏でも体を冷やすのは良くない?

 

取り敢えず毎日40度の風呂に、

25分程浸かっています。

 

「夏なのに暑くない?」

 

と思う方もたくさんおられるでしょうが、

 

暑いといっても、

体を冷やすのは良くない。

 

40度の風呂は、

 

浸かっていると案外慣れる。

 

気にならなくなってきます。

 

暑いと感じる人は、

冷房を強くし過ぎているのでは?

 

氷で体を冷やす人も見た事がありますが、

暑くても体を冷やすのは、

 

冷やした部分の血行を悪くする。

 

良くないです。

 

 

 

 

半ズボン、裸足にサンダルは体を冷やす?

 

あと、夏は、

 

半ズボンで裸足にサンダル

 

という人が多いですよね。

 

これが割と体を冷やす。

 

暑い時に外で運動するのであれば別ですが、

 

下半身を冷やすと血行が悪くなって、

肩凝りや腰痛に繋がります。

 

「夏になると暑くて体が動かない」という人いません?

これは暑いからではなく、

 

逆に体が冷えているから。

 

あと僕は夏でも寝る時は、

長ズボンソックス履いて寝てます。

風呂上がりすぐだと少し暑いですが、

寝てる部屋の風通しが良いと、

夜が更けるにつれて気温が下がってきて、

適温になるので案外気持ちよく寝れます。

それどころか睡眠の質も良くなってる気がします。

 

 

 

 

 塩分と水分をしっかり取る?

 

あとは塩分と水分を摂るのが大事。

「熱中対策水」を飲んでます。

 

ポカリより糖分少なめ塩分多めで良いですよ。

 

 

暑くて頭がボーッとする時は、

この塩分チャージタブレッツを、

一度に2口に入れてます。

僕が勤務してる店はキッチンの中がすごく暑く、

休憩中にこれ2つ摂り、

上の熱中対策水にタブレット

水も飲む様にすれば、

塩分も水分も不足する事は無いと思います。

 

「そこまでの量を

摂取する事はないんじゃない?」

 

と思う人もいるかもしれませんが、

汗をかいたら思った以上に塩分と水分は消費してるので、

 

少しでも汗をかく環境にいる人は、

気を付けた方が良い

 

と思います。

 

 

 

暑くない時間帯に運動して体温を下げる

 

これらを十分に摂りながら、

温度が高くない午前中か夕方に、

2〜30分位でもウォーキングや、

自転車を漕いだり運動したら、

暑さに慣れる事が出来ます。

 

汗を掻く事により、

体の中の熱を外に放出する。

 

塩分と水分をしっかり取って運動すれば、

体温を低く保つ事が出来るのです。

 

 

 

冷房は必須?

 

それでも暑いのが我慢できない時はあります。

そういう時は観念して、

 

冷房の効いた部屋に入ります。

 

冷房の効いた部屋に入ったからといって、

暑さに耐性がなくなる事は無いと思います。

 

というか冷房は必須。

 

冷房が効いた部屋で寒くない位の温度にすれば、

自律神経が安定して体の凝りもなくなります。

しっかり休むことができます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

  1. 夏でも体を冷やすのは良くない
  2. 半ズボンに裸足にサンダルも冷えるので良くない
  3. 塩分と水分をしっかり摂る
  4. 暑くない時間帯に運動して体温を下げる
  5. 冷房は必要

 

僕の暑さ対策を書いてみたのですが、

参考になれば嬉しいです。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村