カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

コロナと熱中症対策から考えた真夏のコロナ対策 真夏にマスクはいらない?

 

 

 

みなさん、こんにち…

 

ワイナルドゥム!

 

こんにちワイナルドゥム !

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

「こんにちワイナルドゥム」は、

以前も使いましたが、

イングランド・プレミアリーグ

サッカーチーム・リバプール所属の、

ベルギー代表サッカー選手。

 

語感が良いので、

もう一度使ってみました😅

 

もしかしたら、

 

これから「わ」の付くネタに困ったら、

「こんにちワイナルドゥム」を

連発するかもしれません😅

 

それ程までに、この言葉の語感が好きです(笑)

よろしくお願いします。

 

さて本題に。

今日はコロナと熱中症を合わせた対策

僕なりに考えてみました!

 

 

まずはコロナ対策と熱中症対策を別々に考えていきます。

その上で「コロナと熱中症

両方の対策は両立できるのか?」という事を考えます。

 というか大半マスクについての事になりました。

そして出てきた対策、全部地味です。

派手な対策(あるのかな?)が知りたい人は、

別の方の記事を読んでください。

 

 

 

 

コロナ対策

 

マスク

 

コロナ対策といえば、

やはりマスク。

ただマスクの重要性なんて、

みんな知ってますよね?

ここでは僕個人のマスクの使い方を説明します。

人の多い所に出たら、

マスクは必要なのではないでしょうか。

 

クシャミした時の飛沫は、

他人の全身にかかるくらい飛ぶ

 

らしいですからね。

使い捨てマスクを毎日取り替えてれば、

衛生的ですね。

 

ただ以前ほどマスクが買えない状態ではないにせよ、

一回一回マスクを使い捨てするのって気が引けるので、

 

f:id:tatsuyakawakami:20200619124901j:image

 

僕は藍染職人の先輩に

マスクを作ってもらいました。

 

(もし「このマスク欲しい」という人がいれば、

仲介しますんでコメントなどで僕に言ってください)

 

それを財布に付けたカラビナに付けて、

ブラブラ吊り下げてます。

 

マスクが乾燥して、

殺菌効果があります。

 

菌は水のある所で繁殖するので、

ポケットに入れるより良いと思ってます。

 

 

 

 

 

 

手洗いうがい

 

個人的に、

 

マスクより手洗いうがいの方が大事

 

と思ってます。

 

僕は手洗いうがいは、

10年以上欠かしてません。

 

夏でも冬でも、

 

外出して帰った後は毎回手洗い。

 

ずっとパソコンやった後とかも、

ちょいちょい手を洗います。

これでパソコンを多少消毒する効果もある。

 

これだけやってれば、

風邪を引くのは3年に1回位になります。

 

 コロナにも地味に効果的だと思うんですけど、

意外に手洗いうがいしない人って多いんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

熱中症対策

 

暑くない時間に運動して汗を流す

6月現在、昼間でも外出できない事はないので、

1時間位ウォーキングや、

自転車を漕いだりして、

 

しっかり汗をかきます。

 

日差しのキツい日は、

日焼け止めも忘れずに。

そして大事なのは、

運動の最中、もしくは汗を流した後、

しっかり水分塩分を取る事。

  

 この「熱中対策水」

ポカリより塩分多めの糖分少なめなので、

オススメです。

 

運動の最中にこれを口に入れても良いかもしれません。

(多分その辺のスーパーでも売ってる)

 

汗を流したら体温が下がる。

 

熱中症対策になります。

ただ真夏になると日中は36度とかになり、

まず外出は出来なくなるので、

夕方とか早朝とか涼しい時間に運動する様にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

着る物

ユニクロのエアリズムとか、

着る物を通気性の良い涼しい物にする事で、

熱中症を防ぐ事もできます。

僕は職場の近くに無印良品があったので、

無印の「さらっとインナー」を着てます。

 

www.muji.com

 

単価が少し高いのが難点ですが、

3〜4着あれば回せると思います。

汗をかく量が減らせるので、

熱中症対策になると思います。

ベストは

 

これ着て運動して、

汗かきまくって水分補給をバッチリやる。

 

 

 

 

 

コロナと熱中症対策

 

コロナと熱中症対策を総合すると、

 

ネックはやはりマスク。

 

マスクをすると、

 

口元に熱がこもって暑い。

 

6月でも暑いのだから、

 

真夏はまずマスクなんか

してられない。

 

しかも、

 

汗でマスクが濡れて、

菌が繁殖。

清潔でなくなりそう😅

 

「ではどうすれば良い?」と聞かれると、

 

人があまりいない所では、

マスクを取ってしまって良い

 

僕はよっぽど人が近くにいない時は、

いつもマスクを外してます。

もちろん人の多い街中に行く時なんかは、

絶対につけます。

色々考えると、

 

真夏は冷房が効いてない所でも、

周りに人が多くても、

マスクを取ってしまっても良いかも?

 

後でコロナでぶっ倒れるより、

その場で熱中症で、

ぶっ倒れる方が危ない

 

と思いません?

あと、

 

真夏は汗をベタベタにかいて、

雑菌が繁殖する。

 

コロナ対策として例年以上に、

 

シャワーを頻繁に

浴びた方が良い。

 

 その際に清潔な衣服に着替える。

地味だけどコレがコロナ対策として一番効くのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 まとめ

  1. コロナ対策はマスクと手洗いうがい
  2. 熱中症対策は涼しい時間に運動して汗をかいて体温調節。体温を下げる。水分塩分補給も
  3. エアリズムなど涼しい下着を着る
  4. 真夏でマスクは蒸れるので、人がいない所ではマスクを外した方が良い。冷房が効いてない所では熱中症の方が怖いのでマスクを取ってもいいかも
  5. 例年以上にシャワーを浴びた方が良い

 

 

こんな感じになりました。

「コロナ 熱中症」と検索する人が多いらしいので、

このテーマで書いてみましたが、

果たして読まれるのか。

競合する人でもっと詳しい人、

たくさんいると思いますからね。

熱中症に関しては暑い職場で働いてたので、

まだ詳しい方だと思います。

どちらにしても素人意見〜(笑)

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村